前駆陣痛が大変だった私の出産

前駆陣痛が大変だった私の出産

前駆陣痛とは出産前に起こる不規則な子宮収縮のことで間隔も痛みの強弱も不規則なものです。私が第一子を出産した時にこの前駆陣痛に悩まされました。予定日1週間前あたりから、何かおなかが痛い、重い生理痛のようなこれまでのおなかの張りとは明らかに違う痛みが続きました。おなか張ってるなと思っても気づけば収まるし、39週の妊婦健診でも子宮口は1ミリも開いていなければ赤ちゃんも下りてきていなく生まれる気配は全くありませんでした。

 

早く産まれてほしいと願う中、きっと予定日過ぎるな、帝王切開になったらどうしようと思っていた矢先、予定日前日の23時頃おしるしがありました。そして布団に入って寝付こうとした深夜1時頃下腹部に激痛が走りました。絶対に陣痛だ!と思い陣痛アプリを立ち上げ痛みの間隔を計り始めました。痛みが5分間隔になった朝6時頃病院へいきました。赤ちゃんの心拍とおなかの張りを計る機械をつけたところ「これ前駆陣痛だね。陣痛はこんなものじゃないよ。」と医師から告げられ愕然としました。それからは数分おきにくる痛みに耐えながら姿勢を変えたり病院中を歩き回ったり、まだ陣痛じゃないの?と疑問に思いながら耐えてました。
夕方になっても全く進まず、医師から一時帰宅を進められました。動く度に走る激痛に涙で訴えるもまだ産まれないからの一言。それでも不安だった私はそのまま入院を希望し、付き添ってくれていた旦那と母は一時帰宅しました。みんなが帰った後、じわっと何かが出る感覚がありほぼ同時にこれまでとは比にならないくらいの激痛に悲鳴をあげました。そうこれがやっとの破水と本陣痛の始まりでした。

 

本陣痛が始まってから産まれるまで4時間と初産としてはスピード出産でした。本陣痛中は「おしりーおしりー」とずっと叫んでいたそうです。ただこんなに苦しんだ陣痛も生まれた我が子を見た瞬間につらさが吹っ飛びました。一つ心残りは、里帰り出産だったため、帰宅した旦那が立ち合いに間に合わなかったことです。前駆陣痛には始まる時期も強弱も個人差があります。おなかが頻繁に張るようならばそれは前駆陣痛の始まりかもしれません。愛しい我が子と対面できる日も間近です。今後第二子を授かった時は本陣痛を耐え抜く予行期間と考えて残り少ないマタニティライフを楽しみたいと思います。