夫が間に合った立ち合い出産

夫が間に合った立ち合い出産

2人目の子の出産予定日に、夫の大切な友人の結婚式が重なってしまいました。2回目の出産でもあり、私は夫がいなくても乗り切れるだろうと思ったのですが、夫は出産にはできれば立ち会いたいという気持ちがあったようです。予定日よりも前に生まれてくれるといいね、と夫婦で話していました。ですから37週を過ぎたら毎日のように、早く生まれてきてね、とお腹に話しかける日々でした。

 

ただ赤ちゃんに期待するだけではなく、自分でもできることはやろうと思いました。体を動かそうと自宅周辺を散歩したりしました。そうしていると、38週の健診のとき「子宮口が少し開いているからもう少しかも?」と言われました。嬉しくなった私はできたら早く出産したいと相談すると「じゃあちょっと刺激しておこうか」と言われ、内診で刺激してもらいました。ちょっと痛かったのですが、これで無事に出産につながればいいなと思いました。
その数日後の朝、ついに陣痛がやってきたのです。その日はちょうど夫も休日で、立ち会いも可能でした。ナイスタイミング!と内心ガッツポーズです。陣痛の間隔が縮まるのを待って病院に移動しました。しかしなんと病院に着いたら陣痛が遠のいてしまったのです。少し様子を見て陣痛が来なければ帰ろうということになりましたが、私はもう今日産むつもりでやる気になっているのです。できる限りのことはしようと思いました。

 

陣痛が戻ってこないかなと期待しながら院内の階段をひたすら上り下りしました。夫も心配して一緒に上り下りしてくれました。それを2時間くらい続けたでしょうか、強い陣痛が来るようになりました。1人目のときはだんだん強くなる陣痛が怖くて仕方なかったのですが、今回は強くなればなるほど出産につながることが分かっているので逆にもっと来て!と思うくらいでした。それからは順調にお産が進み、その日のうちに出産となったのです。

 

何としても今日産むぞという私の気合が赤ちゃんに通じたのか、陣痛が戻ってきて本当に良かったです。夫も出産に立ち会うことができましたので、希望を叶えてくれた我が子に感謝しました。