無痛分娩の体験談

無痛分娩の体験談

最近選択する人が増えてきている無痛分娩にて出産しました。

 

私が通院していた病院では、最初から麻酔をするのではなく、ある程度陣痛がついてからの麻酔処置でした。
出産時前日より入院し、夜にラミナリアで子宮口を開く処置をします。これがぴりっと刺すような痛みがあり、無痛分娩処置の中でも結構痛い方でした。

 

前日はそのまま就寝し、翌日はラミナリアを抜いた後バルーンを挿入し、陣痛促進剤を点滴をします。
私は1時間程で3分間隔の陣痛になっていたようで、そのタイミングで麻酔処置をするために分娩室へと移動となりました。
3分間隔でやっと凄く痛いという事に気づいたので、我ながら鈍感な身体だったと思います。伝えればもっと早くに麻酔をして貰えたかもしれません。
麻酔処置をする際は、小さく丸くなるように指示されます。
陣痛と臨月のお腹を抱えてのこの体勢はキツく、でも動いたら麻酔の針やカテーテルが変な所に入っちゃうかもと思い必死に丸くなりました。
背中にチクっと一瞬痛みを感じましたが、それよりも陣痛が痛かったので何も気にならない程度です。

 

麻酔を入れてもらってからはさっきまでの痛みはなんだったのかと快適そのもの。
主人や助産師さんと談笑したり、スマホをいじりながら子宮口が開くのを待ちました。
挿入していたバルーンが取れたころ出産に入ります。
痛みがないおかげで助産師さんの指示も冷静に聞くことが出来、初産だったため会陰切開はあったもののスムーズに出産することが出来ました。
まだまだ無痛分娩には抵抗のあるかたも多いですが、私は選択してとても満足のいくお産が出来たので良かったです。
もし次があればまた無痛分娩を選択したいです。